視力低下・老眼・白内障・緑内障で悩む人は実に多い!!

白内障・老眼

 

目の前にモノを近づけた時、くっきり見えるその距離は?

 

近くのものが見えずらく、30cm以上離さないと はっきり見えない人は老眼の可能性があります!!

 

 

 

白内障、老眼まとめ 目次紹介

もしかして このような経験でお困りではありませんか?

白内障・老眼

 

最近、近くのものが見えない、ピントが合いずらい、目の前がボンヤリぼやけている、細かいほこりがひっきりなしに飛んでいる、まぶしくてめまいがする、目の奥がズドーンっと重い・・・・などなど

 

ここ最近 目の不調を訴え、病院に駆け込むと、年齢による老眼・白内障・緑内障・黄班変性・網膜剥離・飛蚊症と先生に宣告されてしまった。 

 

目をよくする方法として 病院の先生に勧められた治療法が「手術をする」だった

 

老眼・白内障・緑内障 というのは年齢を重ねると、誰にでも当たり前のように出てくる症状です。しかし 近年はスマホやゲームのしすぎで、若い人も老眼で苦しむ人が増えています。  年齢層の若い人になりやすいスマホ老眼という言葉も流行るほどで、視力低下が叫ばれています。

 

目を酷使することが多くなった現代人に多くありそうな病気(老眼、白内障、緑内障、飛蚊症)の症状ですが、実は昔から目の病気というのは存在していました。

 

つまり 老眼や白内障、緑内障といった目の病気は現代の病気ではなく、年齢を重ねると誰でも病気になってしまうということです。

 

白内障の種類と原因について

 

白内障の症状は、目の中にある水晶体が濁る事で発症してしまいます。また白内障には実に様々な種類があるけど、次の事が原因で白内障にかかりやすい言われているよ!!

 


老人性白内障 年齢を重ねると起こる白内障で、白内障の原因で一番多いのが、老人性白内障になります。

 

目の代謝が鈍くなったり、水晶体が濁ることで発症します。 早い人で30代から発症し、50代で約50%の人が発症すると言われています。

先天性白内障 生まれながらにして水晶体が濁っている白内障です。 先天性の遺伝的な問題や、妊娠中に母親が風疹、麻疹になってしまった場合にでることがあります。

大人になってから発症するのではなく、新生児、乳幼児、発生することが多い。

外傷性白内障 その名のとおり、外部からの衝撃などにより目に傷が付き、そこから白内障になることを言います。

 

意外と知られていない白内障の原因の一つですが、発症率は高めです。

白内障になるメカニズムは徐々にわかってきましたが、多くの原因は加齢によって水晶体が濁るものとされています。加齢以外には糖尿病・アトピー・紫外線・喫煙・肥満・栄養不足など、多くの外部要因が挙げられています。

 

老眼・白内障は予防することが可能になった?

 

白内障・老眼

 

老眼・白内障・緑内障・飛蚊症などの目にまつわる病気を予防しよう!!

 

  • 病院に行ったら先生に、もうしばらく様子を見ましょうと言われた。
  • 歳だから仕方のない事ですよ~みんな同じですと言われた。

 

歳をとったら 老眼と白内障になるのは仕方のない事なの?そんなに簡単に割り切れるものなの?本当にそうなの?て思う方はどれぐらいの数がいるでしょうか?結局はあきらめないといけないの?って思われるかも知れませんが、必ずしもそうであるとは限りません。

 

 

今のうちから老眼対策と白内障対策をしておくと、病気の進行を遅らすことも可能ですし、すでに病気に侵されている人も、しっかりと対策をすることで、症状が改善される期待が持たれています。

 

 

現に白内障の手術を先生に勧められたが、トレーニングと目に良いとされる食べ物を摂取して、白内障がよくなった!!という人も沢山出ているようですので、手術をする前に一度試してみてはいかがですか?

 

紫外線・ブルーライトから目の日焼けを守る

 

紫外線を防ぐ

 

実際に僕が愛用しているサングラスたちです!!

 

白内障の原因となる水晶体の濁り!!実は水晶体にダメージを与えるものとして紫外線(太陽の光)とブルーライト(可視光線)があります。

 

ブルーライト対策はこちらで紹介中

 

水晶体には もともと、網膜などの目の組織を有害な紫外線からガードする役割があるのですが、加齢(老化)とともに水晶体にダメージが蓄積されてしまいます。 

 

 

ダメージが増えてしまうことで、水晶体の中の新陳代謝が悪くなり、活性酸素=体の錆 の働きにより濁ってしまいます。

 

実は紫外線を浴びることで起こる”目の日焼け”加齢とも直接影響している部分になりますので注意が必要です!!

 

晴れた日だけでなく、曇り空でも紫外線は沢山ありますので、お出かけするときは 帽子、日傘、サングラスなどを装着して、目の日焼けを防いで、有害な紫外線をできるだけカットしましょう!!

 

紫外線を防ぐ

 

 

抗酸化物質を含む食べ物とトレーニングで白内障・緑内障を抑制する

 

白内障・老眼

 

すでにご存じの方も沢山いると思いますが、ブルーベリー・ビルベリー(ベリー類)には目にいいとされるアントシアニン・ビタミンE/ビタミンCが沢山含まれています。

 

これらを効率よく摂取することで、年齢による老眼・白内障・緑内障・黄班変性・網膜剥離・飛蚊症などに効果があるとされています。 

 

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニン、ビタミンCやEには、活性酸素=体の錆 を抑える働きのあり、抗酸化物質を摂取すると、瞳の中にある水晶体を若々しく保つことができると考えられています。

 

 

目にいいとされる栄養素「食べ物」とトレーニングを行うことによって、これらの症状を緩和したり、未然に予防することができるのです。

 

目にいいとされる食べ物まとめ

 

目にいい食べ物

 

目にいいとされる食品には、水晶体や網膜を構成する「良質なたんぱく質」を多く含んでいたり、目の周りの筋肉の働きを高めてくれる、「豊富なビタミン類・ミネラル類」を多く含んでいるのが特徴です!!

 

目の健康に欠かせない栄養素が沢山含まれる食品を、家族みんなで楽しみながら、積極的に摂取しましょう!!

 

バランスよく栄養を取ることで、疲れにくい目になってきます。また病気の発症とトラブルも低く抑えることができるので、積極的に目に良いとされる食べ物をとるように心がけましょうね!!

 

沢山食べることが難しい商品や、多くの栄養素を取るのが難しい場合、市販されているサプリメントなどで栄養補給することもおすすめです!!

 

目にいいとされる食品一覧

 

アントシアニン カシス・ビルベリー・ラズベリー・いちご・ブルーベリー・クランベリーなど
ビタミンA 鶏・豚・牛肉などのレバー、うなぎ、あんこうの肝、卵黄、ほたるいか・からすみ、あなご など
ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12)

B1:豚肉、玄米、うなぎ、ニンニク、ピーナッツ、ごま、大豆など
B2:卵、納豆、牛乳、ほうれん草、レバー、うなぎ、干しシイタケ、さばなど
B6:まぐろ、鶏肉、レバー、バナナ、にんにく、小麦胚芽、ピスタチオなど
B12:レバー、にしん、牡蠣、チーズなど

ビタミンE アンコウのきも、すじこ、キャビア、うなぎ、いか、えび、うに、かずのこ、ツナ油漬け、かぼちゃ、植物オイルなど、油、種実類、魚卵に多くまれている。
亜鉛 牡蠣、豚・鶏レバー、ほや貝、牛肉(肩、ひれ)、ゴマ、ナッツ、大豆製品、たまごなど
DHA(ドコサヘキサエン酸) アジ、イワシ、うなぎ、サケ、サバ、サンマ、シシャモ、ニシン、ハモ 、マグロ、マス、めざしなど 青魚に豊富
ルテイン ケール、ブロッコリー、ほうれんそう、とうもろこし、グリンピース、色の濃い野菜
リコピン トマト、すいか、柿、ニンジン、ピンクグレープフルーツ、パプリカなど
カテキン 緑茶、赤ワイン、コーヒー、ココア、しぶ柿、りんご、カカオ、ぶどう、いちご、ブルーベリーなど
βカロテン モロヘイヤ、かぼちゃ、にら、にんじん、パセリ、よもぎ、バジルなどの緑黄色野菜
ビタミンC 小松菜、ブロッコリー、キャベツ、さつまいも、イチゴ、カシス、キウイ、オレンジ、グレープフルーツなど

 

 

 

喫煙・肥満・高血圧・糖尿病から目を守る

 

 

高血圧・糖尿病・喫煙

 

我々の生活に身近に存在する、成人病・膠原病・生活習慣病と呼ばれるものがありますが、その中でも身近なものとして、喫煙や肥満・高血圧・糖尿病なども白内障の進行を早めると言われています。

 

これら多くの生活習慣病、成人病予備軍は白内障発症のリスクが高いということですので、暴飲暴食、偏った生活スタイルを見直すことで、ある程度改善できる余地が残されています。

 

特に、高血圧の場合、眼圧も高くなる傾向があり、緑内障、その他合併症も同時に発症するリスクが増えてしまうので、日頃から塩分摂取の量を控えたり、血糖値が上がりすぎるものをたくさん食べるのは控えたほうがよさそうですね!!

 

喫煙・肥満・高血圧・糖尿病などは白内障のリスクとしてほぼ確実視されている要因の一つです。

 

 

アントシアニンとルテインを効率よく摂取して、白内障を未然に予防する。

 

めなり

 

今、白内障や老眼予防に注目されている栄養素が、「ルテイン」と呼ばれる成分です。

 

ルテインには目の健康に欠かせない栄養素が非常にたくさん含まれており、その中でもルテインに含まれる抗酸化作用に非常に注目が集まっています。

 

「ルテインと、アントシアニン、ゼアキサンチン」などの栄養素を摂取すると 白内障にかかるリスクが下がるとも言われており、目の健康を気にする人の間では、もはや常識となっています。

 

ただし、ルテインを摂取するには、ケール、ブロッコリー、ほうれんそう、とうもろこし、グリンピースなど色の濃い野菜を食べれば、摂取することは可能ですが、ルテイン自体の栄養素が微量なため、我々が必要とする場合 かなりの量を食べなければなりません。

 

ですので、とっても簡単にルテインを摂取できる方法として、”ルテイン配合のサプリ”「めなり」がおすすめなのです。 →ルテインサプリの選び方

 

白内障、老眼について まとめてみると

 

 

めなり

 

老眼や白内障・緑内障と言った病気は、生活リズムの見直しや、白内障・老眼にならない予防対策をすることで、劇的に進行を遅らすことが可能となり、症状を和らげることに期待されています。

 

 

特にブルーベリー・ビルベリーに含まれるアントシアニンと大注目のルテインの相乗効果によって、お医者さんから見放された方も、手術をしないと治らないよと言われた人も、「めなり」を飲んだことでかなり良くなったいう声をよく聞きます。 口コミはこちらに紹介

 

加齢とともにいつかは来る病気なのかも知れませんが、目にいいとされる食べ物やサプリメントの摂取、瞳を動かす筋肉の運動で白内障や老眼を早くから迎え撃つことができますので、ぜひこの機会に真剣に向き合ってみてはいかがですか?

 

僕自身 「めなり」を飲んでいることで 視力低下・ドライアイ・スマホ老眼・近視がびっくりするぐらい改善されました。 実家暮らしの父親も緑内障の手術の後遺症で、ず~っと悩まされていましたが、「めなり」を飲むようになってからは、その悩みは嘘みたいに消えたと言っていました。

 

僕は「めなり」のセールスマンでも、回し者でもありませんが、本当に効果があって本当に人の役に立つのであれば、これからもずっと本気で「めなり」を紹介していきたいと思っています。

 

 

だってこんなに素晴らしい商品は他にはありませんし

 

めなりで多くの人を幸せにすることができるんですよ!!

 

これってとても素敵なことだと僕は思うからです!

 

 

めなり