レーシックをしたほうがいいのかどうか・・・

品川近視クリニック

 

そうあれは今から4年ほど前のこと、今では考えられないぐらい恐ろしく目が見えない時期がありました。
元々裸眼で2・0を維持していた私ですが、大学を卒業後 社会の荒波に飲まれ、ストレス・PC・残業と連日繰り返していくうちに 気が付くと視力がものすごく悪くなっていました。

 

いまでこそ「めなり」と「アイトレーニング」のおかげでかなり良くなりましたが、その当時は視力回復法を知らずに、不自由な暮らしをしていたことをHPを作りながら思い出しました。  

 

眼鏡も買い揃えて、コンタクトレンズを注文して、目の不自由から解放されるべく、ありとあらゆるものを試しました。

 

でも 眼鏡・コンタクトを買って気づいたんです・・ 

 

→ つけるの めっちゃめんどくさいww

 

 

元々裸眼で生活していた僕が、急に眼鏡かけたりコンタクトレンズを付けて いつも通り生活できるか?って言われれば 出来ないですよねww 

 

徐々に慣れてくるとは思いますが、目の前にある異様な物体に、、それこそ凄くストレスを感じ、まったく眼鏡を付けずにいたのです。

 

きっと裸眼人生から眼鏡人生に転落した人は、この気持ちすごくわかってくれると思います。  

 

とにかく うっとうしい・・・・

 

でも 物が見えないから何とかしないといけない・・・

 

自分の中に生まれる葛藤と戦うこと数か月 ”そうだ レーシックをしよう”ってことで いろいろレーシックについて勉強を始める。  

 

フムフムそういうことか、そういうメリットもあるけど、こういうデメリットもあるんだ・・正直悩みました。  

 

レーシックを受けるべきか、やめるべきか・・・・

 

 

僕の周りにはレーシックを受けた人は沢山いますし、僕の妻もレーシックを受けたということで、正直それほどレーシックに対して抵抗はありませんでした。

 

ただ、抵抗があるとすれば、レーシック自体、施術が開始されてからまだまだ日が浅いということです。

 

つまり完璧に技術が確立されているものでもないし、10年後20年後に副作用があるかどうかはよくわかっていない・・・というものでした。

 

 

でも、レーシックのおかげで人生が変わった人も沢山いるみたいだし、一応国に認可されている医療行為なので大丈夫なのかなと・・・  

 

10年後 20年後には万が一副作用が出たとしても、それを直す技術が同時に出てきているだろうという思いをかけて、レーシックに定評のある 品川近視クリニックというところでレーシックを受けることにしたのです。

 

僕がレーシックを受けに行ったのが、梅田にある品川近視クリニック、いろいろ検査をして承諾書も書いて、手術を始めましょうか!!って思ってた矢先、

 

先生にKenさんは網膜の厚みが少し薄いので、レーシックはできませんww と一言

 

あへ??

 

網膜の厚みが薄いですと??

 

 

その場でいろいろ話を聞いてみると どうやら網膜が薄い人がレーシックを受けるとリスクを伴う恐れがあるのでしないほうがいいということでした。

 

意を決して飛び込んだ品川近視クリニックで まさかの出鼻をくじかれるという事態に・・・・

 

その時は、せっかく梅田まで出てきてやる気満々だったので、先生の発言には相当不満がありました。

 

でも 今思うと先生にそういう風に言われて逆に良かったかもわかりません。 

 

利益をむさぼる悪質なクリニックだったらきっと普通にレーシックやられていたなと・・・・笑  今ではそのように思いますし、今となってはいい思い出です。 あの検査にかかった時間と交通費などもろもろ返してほしい・・笑  

 

 

さすが業界ナンバーワンの施術数を誇り、多くの有名人も利用している品川近視クリニックさん 、清潔感もあり、何よりも安心してレーシックが受けられる設備が整っています。

 

レーシックは即効性のある視力回復・矯正の施術ですが、4年前に比べると格段にその技術は向上し、目にかかる負担もものすごく軽減したといわれています。 

 

とにかく早く目をよくして 毎日すっきりクリアな日常を過ごしたい!!という方は 是非 品川近視クリニックでカウンセリングを受けてみるのもいいかもしれませんね^-^

 

視力回復レーシック

 

△詳細はこちらをクリック△

 

品川近視クリニックは、120万症例以上(2016年4月30日現在)世界No.1の実績を誇ります。

 

実績No.1の「アマリス750Zレーシック」をはじめ、視力回復と角膜強じん化を同時に達成する新時代の視力回復法「Lext(レクスト)」、最先端の老眼技術「リーディングアイ」「遠近両用白内障手術」「フェイキックIOL」など、患者様にご満足いただくために最新の設備、最高のサービスを提供しています。

 

拠点は、全国に5箇所(東京、大阪、名古屋、福岡、北海道)となります。

 

レーシックはちょっと抵抗あるけど目をよくしたいという方は 手術をしなくても 寝ている間にコンタクトを付けて視力を回復させるというオルソケラトロジーという方法もおすすめです。

話題のオルソケラトロジー

▽詳しくはこちらをクリック▽

 

新宿近視クリニック

就寝中に特殊な形状のコンタクトレンズを装着して寝るだけで角膜の形を矯正して視力回復を行う手法です。日本でも2009年に厚生労働省に承認された安全性の高い治療法で、成長期の子供の近視の進行を抑制する手法としても注目されています。手術をする必要がなく、レーシックのように手術に抵抗がある方や成長期の子供などに適した視力回復法として現在様々なメディアで取り上げられています。

 

どうでしたか?? レーシックにしろオルソケラトロジーにしろ とても効果のある治療方法ですが 試したくなってきたんじゃないでしょうか?? 
ただ残念なことに、最新医療の技術革新は目を見張るものがありますが、保険適応外がほとんどです。

 

一部外資系の保険会社では レーシックやオルソケラトロジーを手術とみなし、保険金を支払ってくれるケースもありますが、ケースバイケースで まだまだ消費者にとっては結構大きな出費となっているようです。

 

根本的に視力がよければ余計なお金がかかることもないので、いつまでもすっきりと澄んだ美しい瞳を作ることがとても大事です!!

 

その為には日ごろから瞳の健康には気を付けておいたほうがよさそうですね!!