ルテイン ゼアキサンチンとは一体何なのか・・・

こちらのページではルテイン ゼアキサンチンについて詳しく紹介していますが、何せ管理人のKenでは説明不足で誤解を招きかねないので、ニナタ薬局さんで紹介されている ルテイン ゼアキサンチンについての説明を紹介させていただきます。

 

ルテインサプリメントの選び方!

 

世界的注目を集めているルテイン  ルテインは、カロテノイドの仲間です。

 

カロテノイドは、確認されているだけでも600種類以上あります。このうち、私たちの日常の食べ物には約40〜50種類が含まれているといわれています。カロテノイドの特徴は、黄色、赤、オレンジ、紫色など、鮮やかな色彩をもっていることで、例えば、ニンジンのオレンジ色は、αーカロテン、βーカロテンの色、トマト赤はリコペンの色。ホウレンソウをはじめとした葉物野菜にも、カロテンやルテインなどのカロテノイドが多く含まれますが、これらは葉緑素の作用で緑色をしています。ちなみにルテイン本来の色は、トウモロコシやマリーゴールドの、あの黄色です。

 

カロテノイドは、いずれも抗酸化作用、抗ガン作用などがあり、私たちの健康にさまざまなメリットをもたらすことがわかっています。研究がもっとも進んでいるのは米国で、とくに1990年代に入ってからは、FDA(米国食品医薬品局)などが中心となって、精力的に取り組まれるようになりました。

 

その研究は、まず、ヒトの血液中にどんなカロテノイド成分が含まれるかを調べ、次に、特定のカロテノイドと体の各部位や病気との相関関係をみるという形で進められました。例えば、リコピンの血中濃度が高い人は前立腺ガンの罹患率が低い、といったことを統計的に調査していったわけです。その結果、目に特異的な物質として浮かび上がってきたのが、ルテインとゼアキサンチンだったのです。

 

カロテノイドは、ビタミンAの前駆体、すなわち真ん中から切るとビタミンAになることがわかっています。ビタミンAは、目にとって大変重要な栄養素であり、物を見るということは、それだけビタミンAを消耗することにつながります。つまり、カロテノイドは「目にいい」という大前提がすでにここにあるというわけです。
しかし、ルテインとゼアキサンチンが黄斑部に存在するということは、それよりもはるかに大きな意味を持っているのです。目、視力に関するさまざまな作用は、ルテインとゼアキサンチンの形であることが必須条件なのです。

 

 

●ルテインは黄斑部に存在するという意味
●目は太陽の青色光に侵されやすい
●40歳をすぎたらルテインは体内でつくられない  
●ルテイン、ゼアキサンチンは黄斑変性症のリスクを下げる  
●ルテインが黄斑変性症を改善するメカニズム  
●ルテインは白内障に対しても効果
●緑内障とルテインの関連性
●喫煙はルテインを消耗します
●ルテインの効率のよい摂取法
●サプリメントとしてのルテイン
●ルテインとブルーベリーの併用

 

ルテインは黄斑部に存在するという意味
 カロテノイドは、それぞれ体のあちこちに蓄積され、用途に応じて「出動」します。ルテインの場合は、私たちの目の黄斑部、水晶体、硝子体、角膜、腸、女性であれば子宮頸部の組織、乳房に蓄積されることがわかっています。

 

ルテインが、黄斑部に存在することは、1945年、ハーバード大学のジョージ・ウォルド教授によって発見されました。それと同時に黄斑部にはカロテノイドの一つであるゼアキサンチンも存在することがわかりました。ルテインとゼアキサンチンは、ともに黄色のカロテノイドですが、黄斑部の黄色は、実はこのルテイン、ゼアキサンチンによるものなのです。

 

その後、1995年に、タフツ大学の研究者グループが、水晶体にもルテインが存在することを発見しました。また、人間の目にはルテイン、ゼアキサンチン以外のカロテノイドは存在しないこともわかりました。

 

さらに、現在は、硝子体、角膜にもルテイン、ゼアキサンチンの存在が確認されています。

 

ルテインとゼアキサンチンは、人体においてかならず「セット」で存在しています。体内の代謝により、ルテインは適切な量のゼアキサンチンに変換されるのです。つまり、ゼアキサンチンは、ルテインの異性体(分子式は同じだが化学構造の違いなどにより異なった性質を示す化合物)であり、さらに詳しくいうと、これにはゼアキサンチンそれ自身とメソゼアキサンチンとの2つの異性体があります。そして、ここが重要なのですが、網膜の黄斑部にはこのメソゼアキサンチンが存在しており、それはヒトの血漿の中には存在しないことから、網膜中のルテインより変換されたと考えられるのです。つまり、網膜中、それも黄斑部にしかないメソゼアキサンチンは、視力に関わる極めて重要な機能を果たしており、その起爆剤的な、同じく重要な役割を果たしているのがルテインなのです。

 

したがって、ここで黄斑部に存在するルテインとゼアキサンチンという場合のゼアキサンチンは、メソゼアキサンチンであるとご理解ください。

 

メソゼアキサンチンは、植物等には一切含まれていませんから、食べ物として外から取り入れることはできません。しかし、ルテインを経口摂取することで適切な量のメソゼアキサンチンに変換、あるいは黄斑にそもそもあるメソゼアキサンチンが活性化されると理解していただければよいと思います。

 

 

 

目は太陽の青色光に侵されやすい
黄斑には、何百万もの円錐形の光受容体が存在します。つまり、黄斑部は光を直接受ける部分であり、この光こそが、私たちがものを認識するために必要不可欠なものなわけです。しかし、その反面、光は細胞を酸化させる作用をもっています。すなわち黄斑部は、ものを見ているあいだ、たえず光にさらされ、光によって酸化されるという弱点があるということです。

 

光にもいろいろな種類がありますが、例えば紫外線には活性酸素を活性化させる作用があり、目の大敵です。蛍光灯の光や電球の光などは、太陽光線に比べれば作用は弱いものの、酸化力をもつことに変わりありません。

 

そして、私たちの目は、光の中でも高いエネルギーをもつ太陽の「青色光」に最も侵されやすいことがわかっています。

 

黄斑部が酸化の害に遭うと、細胞が破壊され、ものをきちんと認識でなくなります。すなわち、対象物の大きさや輪郭、色などが変わって見えたり、静止しているものが動いたり、曲がったように見えるなどです。これこそが、まぎれもなく「黄斑変性症」なのです。

 

黄斑に存在するルテインとゼアキサンチンは、目にとって一番悪い青色光を吸収し、その害を防ぐ働きをしています。単純にいってしまえば、ルテインとゼアキサンチンが十分にある状態であれば、黄斑変性症になどならないのです。
しかし、ルテインとゼアキサンチンが不足すれば、活性酸素が活発になり、黄斑部に変性をきたしてくることは避けられないのです。

 

 

 

40歳をすぎたらルテインは体内でつくられない
 ルテインは、外からの摂取だけでなく、私たちの体の中でもつくられ、体の各部位に蓄積され、必要に応じて消費されます。

 

ここで問題なのは、ルテインが体内でつくられる年齢には制限があるということです。個人差はありますが、だいたい40歳を過ぎたら、もうつくれません。つまり、この年齢になると、体のルテインは減る一方で、それを増やすには外から(口から)取り入れなければならないというわけです。

 

ルテインの貯蔵分がなくなると、抗酸化作用が働かなくなり、黄斑変性症にかかる原因となります。ですから、ルテインの貯蔵量が減ってくる高齢者に黄斑変性症が増えるのは、ある意味では当然のことといえるでしょう。これとは逆に、子どもはルテインの貯蔵量が多いため、黄斑変性症にはまずかかりません。
ある程度の年齢になったら、積極的にルテインを外部から補給することが、とても大切です。

 

 

 

ルテイン、ゼアキサンチンは黄斑変性症のリスクを下げる
 ルテイン、ゼアキサンチンが目に特異的に存在することが明らかになって以来、その機能や役割に着目した疫学試験が相次いで行われました。なかでも1994年、ハーバード大学のセッドン博士によって行われた試験は、たいへん興味深いものでした。
博士は診療所の患者(黄斑変性症356人、その他の眼科患者520人)に対し、食事試験を実施しました。

 

その結果、ルテインとゼアキサンチンを最高に摂取した患者と、最低または摂取しなかった患者とでは、黄斑変性症の罹患率に43%もの差があったのです。また、このときルテインとゼアキサンチンの1日の摂取量は6mgが適量と発表されました。
さらに、博士は、黄斑変性症のリスクをルテイン、ゼアキサンチンは大幅に下げるが、他のカロテノイドにはそうした効果がないということを発見しています。

 

 

 

ルテインが黄斑変性症を改善するメカニズム
 米国等での多くの試験・研究において、ルテイン、ゼアキサンチンの黄斑変性症に対する予防効果は証明されましたが、いずれも治療に効果があるというところまでは踏み込んでいません。
しかし、臨床試験においては、すでに治療目的としての効果を示唆する結果が出ています。
今一番悩んでいるのは、ほかならぬ黄斑変性症にかかってしまった方です。ルテイン摂取は、予防のみならず、そうした方々に有効なのです。
ルテイン、ゼアキサンチンが、なぜ黄斑変性症の治療に効果があるのか、そのメカニズムは今後の研究の進展を待つしかありませんが、以下のような仮説を立てています。

 

ルテインとゼアキサンチンは、目の組織内において、欠落している部分、異常が起こっている部分に直接作用するのではないかと思います。黄斑変性症は、黄斑部に新生血管がつくられ、これが絡み合ったり、出血を起こして、視力・視界にダメージを及ぼすものですが、ルテインを摂取すると、この新生血管が萎縮していくのが観察できます。つまり、ルテインとゼアキサンチンには新生血管を萎縮させる作用があると思われ、萎縮した新生血管は、その後のルテイン摂取によって自然消滅する可能性があります。

 

新生血管が萎縮、消退すれば、目はどんどん見えるようになるのです。また、これにもう一歩踏み込んで、ルテイン、ゼアキサンチンには新生血管を切断する働きもあると考えられます。
さらに、臨床試験では、新生血管が萎縮、消退した後、黄斑部の錐体細胞の状態がきわめて良好となり、光覚が改善されることもわかっています。
錐体細胞は、黄斑部の暗順応と明順応を司る部分で、暗順応とは明るい所から急に暗い所に行くと、最初は真っ暗で何も見えないのが、目が慣れてくるとだんだん見えてくる反応、明順応は反対に暗い所から急に明るい所に行くと、最初はまぶしくて見えづらいのが、だんだん慣れてくる反応です。ルテインの摂取によって、こうした目の光覚も改善されてくるというわけです。

 

 

 

ルテインは白内障に対しても効果
 ルテイン、ゼアキサンチンと白内障の関係については、1992年、ハーバード大学のハンキンソン教授が発表した論文があります。教授は白内障患者である看護師493人を8年間観察し、摂取する食べ物の違いによる白内障症状の変化を調べています。

 

研究論文では、ルテインとゼアキサンチンを多く含むホウレン草を週4皿分摂取した患者の白内障は50%減少し、βーカロテンが豊富なニンジン、サツマイモ、冬カボチャを週5皿分摂取した患者には白内障の減少は見られなかったと報告されています。

 

この研究の発表以来、ハンキンソン教授らは同研究の追跡調査をしていませんが、現在、米国内では、黄斑変性症や白内障の予防におけるルテインとゼアキサンチンのカロテノイドの役割、機能、作用のメカニズムを理解するために、マルチカロテンを患者に用いた臨床試験の準備が進められているとのことです。

 

一方、米国の有力健康雑誌で発表された研究論文によれば、ルテインとゼアキサンチンの摂取量が最も高い女性では、白内障のリスクが22%低下し、男性では19%低下したと報告されています。ルテインは、白内障に対しても、予防のみならず、積極的な治療効果をもっています。

 

ルテインは、目の黄斑部だけでなく、水晶体、硝子体、角膜に存在しますがこの水晶体、硝子体、角膜は無色透明なのです。ルテインはこれらの部分の透明度を司っている物質でもあります。

 

白内障は、水晶体が白濁する病気ですが、それは、何らかの原因でこのルテインの働きが阻害されたり、あるいはルテインの量が不足したために起こると考えられるのです。したがって、ルテインを補うことによって、白内障の症状を改善させることができると予測されます。
白内障には、最終的には手術という手段がありますが、多くの方はすぐに手術をしなけれがならないほどには進行してはおらず「しばらく様子をみましょう」とか、「年をとれば誰でもなるものですから」などといわれたりします。また、「手術は、どうも気が進まない」という方も多いようです。
しかし、「見えづらくなる」ということは、それがほんの少しでも不便なものです。さらに、放っておけば進行もします。こんなとき、ルテイン摂取が有効です。

 

 

 

緑内障とルテインの関連性
臨床試験では、ルテインが緑内障に対して一定の効果をもつことが認められましたが、今のところ、緑内障とルテイン及びゼアキサンチンの関連性についての研究報告は発表されていません。
しかし、現在、米国のNIH(国立衛生研究所)などで研究が進められております。

 

朝日新聞2002年2月13日夕刊によると、米国コネティカット大学等の研究者が、緑内障を引き起こす遺伝子の一つをつき止めたと報道しています。遺伝子が特定されたのは40代以降に多い緑内障の7割を占める開放隅角緑内障で、10番染色体上の遺伝子に異状がある、と、米科学誌「サイエンス」に発表したとあります。

 

 

 

喫煙はルテインを消耗します
 栄養素というものは、口から摂取し、胃腸で消化された後、肝臓に集められ、そこから血流に乗って全身に供給されます。このとき、必要なものが必要な部位に運ばれるわけですが、同時に栄養素はあちこちから需要があり、ときとして、各部位で奪い合いの状態になります。全栄養素の60%は脳で消費されますから、残りの40%が他の部位に回る分ということになります。

 

こういう状況下で、目にまで栄養が行き届くというのは、実は大変なことなのです。ルテインも同じで絶対量が少なければ、目に十分にはまわってこないことになります。ですから、なおさらのこと、目の健康を守るには、日頃からルテインを十分摂る事が必要です。

 

一方、ルテインを無駄づかいしない工夫も必要です。
目に蓄積されているルテインは必要に応じて消費されますが、ときには、目を守る以外の目的で消費されてしまうことがあります。
例えば、喫煙。タバコを吸うと、目のルテイン量は、かなり減ってしまいます。ですから、それだけで喫煙者は目の病気にかかるリスクが高い、ということがいえます。

 

 

 

ルテインの効率のよい摂取法
 ルテインをはじめとしたカロテノイドは脂溶性であるため、脂肪分と一緒に摂ると吸収効率がよくなります。

 

ルテインが血流に乗って運ばれるというのは、つまり血中のコレステロールに混じって運ばれるということです。コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)がありますが、ルテインは、余分なコレステロールを取り除くという、体にとって重要な働きをしている善玉コレステロールに混ざります。ですから、植物油や魚介類など、善玉コレステロールを増やす脂肪酸組成のよい油脂と一緒にルテインを摂ることが望ましいということになります。

 

 

 

サプリメントとしてのルテイン
食事から十分なルテインを摂っているのであれば問題はないのですが、残念ながら、多くの方々はそれができていない、というのが現状です。そういう方にはサプリメント(栄養補助食品)の利用をおすすめします。

 

すでに、黄斑変性症や白内障などを患っており、これらの病気を改善したいという場合は、食事からの摂取ではどうしても足りませんから、やはりサプリメントの活用するのがいいでしょう。

 

サプリメントの摂取によって、体内のルテインを増やすことが可能なことは、すでに分かっており、米国では、サプリメントのルテインを摂取する場合は、ホウレン草からルテインを摂る場合に比べて、2倍も体内の活性能力が高い、という研究報告があります。
米国では、ルテイン配合サプリメントはたいへんポピュラーで、多くの人が日常的に飲んでいます。日本でも、最近は手軽に入手できるようになり、次第に注目されてきています。

 

ルテインサプリメントは、マリーゴールドの花弁から抽出されます。なぜ、ルテインを多く含むホウレンソウやケールから抽出しないか不思議に思われるかもしれませんが、理由があります。
これらの野菜には、他のカロテノイドも多種含まれていて、これからルテインだけを分離・抽出するのはたいへん複雑な工程が必要とされ、時間と費用がかかりすぎます。その点、マリーゴールドの花弁からの抽出は、効率よく多量のルテインを摂ることができるそうです。

 

ただし、サプリメントに使用されるルテインは、濃緑色の葉状野菜等に含有されるものと同じ「精製ルテイン」でなくてはなりません。単なるマリーゴールド抽出物の未精製物は、ルテインエステルといわれるもので、これはヒト血清・血漿には存在せず、生体内で脱エステル化されない限り、吸収されることはありません。また、最近の統計データーで、食品から人体に吸収されるルテインの93%は、ルテインエステルではなくルテインであることが立証されました。

 

現在、多種類のルテイン配合サプリメントやルテイン配合ビタミン剤と称されるものが販売されていますが、なかにはこのルテインエステルを代用したものなど、ルテインを事実上含有していないものもあるようです。しかし、それでは効果は期待できません。まずは、信頼できる商品を選ぶことが重要です。

 

高品質のルテインとしてはケミンフーズ社のルテインが有名です。これはマリーゴールドを特許製法によりケン化という行程をへて結晶化させた人体に存在するものと同じフリー体のルテインであり、なおかつGRAS認定を受けている安全な原料です。アメリカのFDAにおいて下記の各種試験に合格し非常に安心な物質の証明としてGRASの認証を受けているのです。以下の7項目の試験にクリアしたもののみに称号されます。
1、13週間の動物毒物試験
2、28日間の動物毒性試験
3、変異性試験
4、薬物動態試験(ヒト)
5、アレルギー反応試験(ヒト)
6、毒性不純物を含まない
7、食餌用途の歴史 等

 

 

 

ルテインとブルーベリーの併用
ルテインと併用すれば相乗効果でより高い効果が期待できるものもあります。ルテインとの併用でおすすめするのは、ブルーベリーやカシスです。

 

ブルーベリーは、目の疲れをとり、視力回復に効果的な食べ物として、日本でもすっかりお馴染みです。その有効成分は、ブルーベリーの鮮やかな青紫色のもとである色素成分のアントシアニンです。ブドウやイチゴなどにも含まれる成分ですが、ブルーベリーに圧倒的に含有量が多く、しかもその種類も豊富です。

 

このアントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進します。網膜には光に反応して、それを脳に伝達する働きをする視細胞がありますが、この視細胞の中に存在するのがロドプシンという物質です。

 

ロドプシンは、光の刺激を受けると分解し、すぐにまた再合成されます。この「分解」「再合生」の連続作用によって、光を信号に変えて脳に送り出すのです。ところが、目を酷使すると、ロドプシンの分解・再合成のサイクルが追いつかなくなり、とくに再合成がうまくいかなくなります。ロドプシンの再合成能力が衰えてしまうと、ものが見えづらくなったり、視界が曇ったり、チカチカして見えるなどの症状が現れ、眼精疲労も進んでしまいます。アントシアニンが疲れ目等にいいのは、このロドプシンの再合成能力を高めるからです。

 

さらに、ルテインとブルーベリー(アントシアニン)の併用がなぜいいのかというと、アントシアニンは血流にのって、血管の隅々にまで走るいわば流通経路のような役割を果します。つまり、アントシアニンが、不足した部分にルテインを速やかに運んでくれることにより、ルテインもまた速やかに、本来のパワーを発揮することができます。

 

カシスもブルーベリーと同じベリー類で、最近注目されだしました。濃い紫色の色素成分を持ち、4種類のアントシアニンを含むカロテノイドの仲間です。なかでもデルフィニジンは抗酸化力の強いことで知られています。  引用元:ニナタ薬局さん