何かと話題のスマホ老眼・頭痛・肩こりの原因にも!!

何かと便利になったPCとスマホのあるライフスタイル。

 

特に20代から30代にかけて急激に増えているスマホ老眼をご存じでしょうか??

 

スマホ老眼

 

爆発的に普及した スマートフォンは、私達の生活には なくてはならいものとなりました。

 

でも そのスマホが原因で 実に多くの人が「スマホ老眼で」悩んでいるということをご存知でしょうか?

 

こちらのページでは 現代人が多く抱える「スマホ老眼」について紹介しています。

 

スマホと上手に向き合えることが、この症状の特効薬となりますので、普段からスマホ・パソコン・ゲームをされる方はぜひ参考にしてみてくださいね!!

 

 

 

スマホ老眼 目次

 

スマホ老眼とは
スマホ老眼の主な症状
スマホ老眼になる原因
スマホ老眼・予防・改善

 

スマホ老眼

 

最近よく聞くけどスマホ老眼って一体何なの?

 

近くのものが見えにくくなる老眼の症状に近いため、スマホ老眼と言われています。

 

老眼は年齢の衰えによるピント調節機能の老化が原因ですが、スマホ老眼の場合はパソコンやスマホなどの近い物体を長時間見ることで起こるピントのずれが原因です。

 

比較的若い世代から働き盛りの世代まで スマホ老眼を発症する人の数は 年々増えています。

 

老眼とは近い部分が見えにくくなる症状で、目に起こる老化現象です。 

大体40歳前後から発症するといわれています。

 

→老眼についてはこちらで紹介

 

スマホ老眼の主な症状

スマホ老眼

スマホ老眼の特徴として、近くのものを見る際にピントが合わなくなる。
遠くのものはよく見えるのに近くのものがよく見えず疲れてしまう
小さい字をみる時は、少し遠くに離すと見えやすくなる
明るいところでは見えるのに、薄暗いと見えにくい

 

などの症状が代表的です。

 

スマホ老眼になる原因

スマホ老眼

スマホ老眼を発症する最大の原因は 

 

パソコン・ゲーム・スマホ・などの明るくて、細かい文字を長時間見続けることです。

 

画面にくぎ付けになると、自然に瞬きの回数も減り、目の動きが少なるため、目のピント機能が衰えてしまします。 

 

特に近くのものを見るときに毛細体筋の調整を行ってピントの調整を行っていますが、瞳を酷使することで、毛細体筋に負荷がかかっているようです。

長時間 小さな文字を見続けたり、ゲームやスマホを触っていると夕方ごろから、急に物が見えなくなる「スマホ老眼を」発症してしまうことが多いので、 こまめに目のストレッチや視線を外すことが大切です。

 

スマホ老眼 予防と改善

 

スマホ老眼にならないようにするには、スマホやパソコンなどの長時間利用は避けて、できるだけこまめに目を動かすことがポイントです。

 

遠くの景色を見たり、緑色を見ることで、緊張した筋肉がほぐれ、こめかみあたりがすっきりしますので、1時間に1回ぐらいは休憩したいところです。

 

スマホやPCの画面の明るさを変え、ブルーライト対策を行う。

 

筋肉の緊張を和らげたり、目の周りの筋肉を鍛えるトレーニングをする。 

→効果的な目のトレーニングはこちら

 

レバー・シャケの皮・いくら・納豆・アーモンド・青魚などに多く含まれるビタミン群と、ブルーベリー・ビルベリー・カシス・などのベリー系の果物に多く含まれる、アントシアニン・アスタキサンチン・ルテインなどの、目にいいとされる食べ物・サプリをたっぷり摂取する

 

スマホ老眼の症状をほったらかしておくと、片頭痛や歯の痛み、肩こり・首の痛みの症状として出てくるケースもあるようですので、これらの症状が出る前にしっかりと対策したいところですね!!